大谷 麟太郎

情報セキュリティコンサルタント 大谷鱗太郎

経歴

1986年神奈川県川崎市生まれ。早稲田大学商学部卒。
経営管理研究のゼミに所属して経営組織・経営戦略・開発経済学を専攻。

大学卒業後は北海道札幌市のシステムインテグレータに就職。
ソフトウェア開発やインフラ構築のソリューションを中心としたソリューション営業に携わり、ITや情報セキュリティの基礎と顧客満足度を高めることの面白さを学ぶ。

その後、単なる販売や提案に留まらず、より高い次元で顧客の課題解決に貢献できる環境を求めてLRM株式会社に入社。

メッセージ

高度情報化社会において、情報戦略はあらゆる企業にとっての重要な経営課題です。
情報と言っても数多く存在しますが、中でも「個人情報」については社会的な関心も高く、万一の個人情報漏えい事故は企業の存続すら危うくさせるリスクを持っています。
個人情報の管理体制を構築・運用することは、もはや企業にとって対応必須の課題ですが、その課題に対する1つの答えがプライバシーマーク(Pマーク)の取得です。

Pマークを取得するためには、個人情報保護に関するJIS Q 15001規格の要求事項に準拠した仕組みを構築する必要がありますが、このとき注意しなければならないのが「ルールと現場との整合性」です。
Pマークを取得するために作った無理なルールに合わせて業務が滞ってしまい、「ルールに合わせて業務フローを変える」といった本末転倒な事態を招くことがあります。
また、厳しすぎるルールが業務の効率を下げている場合、そもそもそのルールを守る意識が薄れ、ルールの抜け道を探そうとする姿勢を誘発し、かえって情報漏えいのリスクを高めることにもなりかねません。

自分のサイズに合っていない服を着ていると、不快感を覚えたり肩がこったりと、ベストなパフォーマンスを発揮することは難しく、それは組織においても同様です。
現場をむりやりルールに合わせていくのではなく、現状の業務に合った形でPマークを取得することが大切です。
何をすべきで、何をすべきでないか、お客様一人ひとりの状況を見極めたコンサルティングを行えるよう、誠心誠意ご支援致します。

プライバシーマークコンサルティングに関するお問い合わせ

プライバシーマークコンサルティングに関するお問い合わせ

プライバシーマークを取得できるのか?いつまでに取れそうか?どれくらいの費用がかかるのか?
取得される企業様の状況によって変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ページ先頭へ