プライバシーマーク関連用語集

個人情報

個人情報とは、個人情報保護法では、

  • 生存する個人に関する情報であり、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述など(文書に記載されたものや、記録された音声や動画など(個人識別符号を除く)の一切の事項)によって特定の個人を識別できるもの
    (他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別ができるものを含む。)
  • 個人識別符号が含まれるもの

と定義されています。

個人識別符号とは、指紋や静脈などといった「生体認証データ」と旅券の番号や健康保険証などといった「文字、番号、記号その他符号」の2種類のことを指します。

つまり、個人情報とは、名前などのそれだけで個人を特定できる情報や、家の住所と会社名、といった複数の情報を照合することで、個人を特定できる情報です。
それに加え、指紋や運転免許証番号などの個人識別符号も個人を特定できる個人情報となります。

また、死者の情報は、一般的には個人情報にあたりません。
しかし、死者の情報であっても、遺族等の生存する個人に関する情報である場合、生存する個人の情報として個人情報にあたります。

関連語

取り組みや日常における利用例

個人情報が書かれたメモ書きをシュレッダーで処理する。

プライバシーマークコンサルティングに関するお問い合わせ

プライバシーマークを取得できるのか?いつまでに取れそうか?どれくらいの費用がかかるのか?
取得される企業様の状況によって変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。

プライバシーマーク(Pマーク)取得支援コンサルティング|LRM株式会社へのお問合せはTEL:0120-991-481(受付時間)平日9:00~18:00

メールフォーム (24時間受付)

プライバシーマーク(Pマーク)取得支援コンサルティング|LRM株式会社へのお問合せはTEL:0120-991-481(受付時間)平日9:00~18:00

ページ先頭へ