プライバシーマーク関連用語集

DoS攻撃

DoSとは「Denial Of Service」のことで、サービスを妨害したり、停止させるものを指します。
サービスを妨害、停止させる攻撃には以下の2種類があります。

① 大量のデータを送り付けることで、攻撃対象が処理しきれない状態にさせる
② サーバやアプリケーションの脆弱性を利用して、不正処理を行わせ、サービス機能を停止させる

具体的には以下のような例が挙げられます。

    ①に該当する例
  • Mail Bomb
    大量のメールを送り付け、サーバーをダウンさせる
  • Ping Flood攻撃
    通信が可能かどうか(到達可能性)を調べる機能であるPingの「Echo Request」と呼ばれる制御用パケットを大量に送り、通常の通信に応答できない状態にする
    ②に該当する例
  • HTTPヘッダインジェクション
    WebブラウザがWebサーバに対して送信するリクエストに改行コードを含む不正な文字列を紛れ込ませることで、Webサーバからのレスポンスを改ざんする

関連語

取り組みや日常における利用例

  • DoS攻撃によって、サーバーがダウンした。
  • DoS攻撃対策として通信内容に暗号化を施した。

プライバシーマークコンサルティングに関するお問い合わせ

プライバシーマークを取得できるのか?いつまでに取れそうか?どれくらいの費用がかかるのか?
取得される企業様の状況によって変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。

プライバシーマーク(Pマーク)取得支援コンサルティング|LRM株式会社へのお問合せはTEL:0120-991-481(受付時間)平日9:00~18:00

メールフォーム (24時間受付)

プライバシーマーク(Pマーク)取得支援コンサルティング|LRM株式会社へのお問合せはTEL:0120-991-481(受付時間)平日9:00~18:00

ページ先頭へ