プライバシーマーク取得のメリット

消費者意識の変化による、個人情報保護の社会的要請の高まりや、取引先からの要求など、プライバシーマーク(※)を取得するきっかけは様々です。
プライバシーマークを取得することは、費用がかかる、業務に一時的な負担がかかる…等のデメリットもありますが、取得する価値のあるメリットも多くあります。是非、ご参考までにご覧ください。

※以下、Pマークと表記します。

Pマークを取得することで得られる効果

Pマークを取得する際に、個人情報の取扱いのルールブックである「個人情報保護規定」をはじめとする保護マネジメントシステムを構築する必要があります。
また、作成したルールを浸透させ、効果のあるものにするためにはPDCAをまわし、改善を重ねます。文字で見ると大変だと感じるかもしれませんが、ルールを決めることで、組織の内外にさまざまなメリットをもたらします

顧客信頼向上

Pマークは第三者認証です。客観的に皆さんの個人情報の取扱いを審査し、一定の水準に達したと認可された企業が取得することができます。
上述のこともあり、取引先や顧客は、預けた個人情報を適切に管理してくれると信頼し、安心して個人情報を預けることができます。
また、最近では官公庁などの入札を行う際にPマークの取得が必須となっている場合がありますので、取引の幅を広げることも可能でしょう。

これに限らず、発注条件に「Pマークの取得」が入っている事が増えてきています。
なので、Pマークを取得していれば、取引の幅を広げることができます。

従業員の意識向上

Pマークを取得する際に、「従業員教育」をする必要があります。
「従業員教育」とは、年に1回、従業員に対してPマークに関する「教育」を行います。教育で学ぶ内容は、「個人情報に関する基礎知識」や「自社の個人情報の取扱いに関するルール」など様々です。e-ラーニングや、集合教育で研修し、理解度を確かめるテストをして教育は行われます。

教育を行い、確認テストをすることで、従業員は、自分も組織の一員であり、責任を持って個人情報を取り扱わなければならないという意識も芽生えます。

情報漏えいの事故の多くは、社員によるうっかりミスが原因であることがほとんどであると調査結果がでています。従業員に対して教育を通じて意識を向上させていけば、うっかりミスを減らすことができます。
ミスが減ることで、結果的に皆さんのサービス品質が向上することも期待できるでしょう。

その他

些細なことですが、Pマーク取得のための個人情報保護マネジメントシステムを構築するにあたり、下記のようなことも期待できます。

  • 誤廃棄や紛失などを防ぐためのクリアデスクの実施により、業務効率がアップ
  • 確認フローの確立により、見落としなどのうっかりミスの低減

また、他にも、Pマークの取得にはPDCAサイクルを回すことが必須です。
今までPDCAを意識しても業務に組み込むことができなかった企業では、その導入のきっかけにすることができますし、内部監査を行うことによって業務の無駄を除外すると同時に、業務適正を確保する体制などを構築することができます。

さいごに

Pマークを取得するにが、時間的にも人員的にも会社に少なくない負担をかけることになります。
しかし、その分の信頼や、内部統制の効果も得ることもできます。
自社で取得することは可能なのか、何が必要なのかなど、迷ったらお気軽にお問い合わせください。

プライバシーマークコンサルティングに関するお問い合わせ

プライバシーマークを取得できるのか?いつまでに取れそうか?どれくらいの費用がかかるのか?
取得される企業様の状況によって変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。

プライバシーマーク(Pマーク)取得支援コンサルティング|LRM株式会社へのお問い合わせはTEL:0120-979-873 お電話でのお問い合わせ(受付時間)平日9:00~18:00

メールフォーム (24時間受付)

プライバシーマーク(Pマーク)取得支援コンサルティング|LRM株式会社へのお問い合わせはTEL:0120-979-873 お電話でのお問い合わせ(受付時間)平日9:00~18:00

ページ先頭へ